生理前に体調のバランスが崩れる原因

マグノリグナンは、モクレン科のホオノキの樹皮に含まれているポリフェノールの一種です。

 
生理前は、黄体ホルモンの影響で便秘になりやすかったり、腹痛や頭痛、吐き気、イライラなどの月経前症候群の症状が見られることが多いです。
生理前は、ニキビや吹き出物が出来やすく、疲れやすいので充分な睡眠や休息を摂ることが大切です。

 
頬などに左右対称に現れるシミは、肝斑と呼ばれていて、妊娠中や低用量ピルなどを服用している時や、生理前のホルモンバランスが乱れている時に出来やすくなっています。

 
肝斑は、一度出来ると改善するのがなかなか難しいシミですが、マグノリグナンは、肝斑を薄くする働きがあります。

 
マグノリグナンには、メラニン色素の原因になっている酵素を抑制する働きがあるので、優れた美白効果があります。

 
成分が含まれている基礎化粧品が販売されているので、シミの目立つ部分に適量を塗っておくことで、改善が期待できます。
左右対称に現れるシミは、内服薬を服用することで優れた効果があるので、皮膚科で処方された薬を続けることが大切です。
生理前や生理中に、お肌の不調を感じている方が多いですが、きちんとお手入れをすることで改善が期待できます。