ホルモンバランスの乱れ

最近女性の肌悩みの上位に挙げられるものとして、大人ニキビが増加しているようですが、大人になってからできるニキビは、思春期のお肌にできるものとは根本的な原因も違うので、同じようなお手入れをしていては、余計に悪化させてしまうこともあるようです。

 

大人ニキビができる原因としては、食生活や睡眠、腸内環境などの生活習慣や、紫外線や乾燥などの外的環境、毎月の生理やストレスなどによるホルモンバランスの乱れなど様々ですが、これらが複雑に絡み合っていることも多く、繰り返し同じところにできたり、なかなか治らないといった特徴があるようです。

 

ホルモンバランスを崩すと、男性ホルモンが過剰に分泌されるようになってしまい、皮脂が出やすく毛穴が詰まりやすくなってしまうので、ニキビのできやすい肌環境となってしまいます。また、ティーンエージャー向けのアクネケアは、油分を取りすぎてしまうので、お肌の水分と油分のバランスがうまく整わなくなり、お肌は潤い不足だと勘違いし、どんどんと油分を製造させてしまい、結果的にニキビを悪化させてしまいます。

 

 

こういう場合は、保湿ケアをしっかりと行ってあげることが大切で、大人ニキビ専用のスキンケアでお手入れをしてあげましょう。

コメントは受け付けていません。