‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

正しい飲み方とは

2014/11/20

あなたは美容ドリンクの正しい飲み方を知っていますか?

 

コラーゲンやプラセンタなど女性にとってお肌に潤いをもたらす嬉しい成分をぎゅっと配合した美容ドリンクですが、より効果的に吸収しお肌に届けるためには飲み方にあるコツがありますので簡単に説明しましょう。

 

大切なことは、飲むタイミングなのです。

 

コラーゲンやビタミンCなどを配合した美肌に関するドリンクはいつ飲んでも良いというものではありません。

 

夜、寝る前に飲みましょう。夜眠る前に摂取することで、翌朝のお肌の化粧乗りが全く異なってきます。

 

食後すぐに美容ドリンクを飲んでしまうと、食事で薄まってしまった胃液では十分に美容成分を消化することが出来ません。

 

十分に消化できないということは、小腸での吸収も妨げてしまいますから、せっかくの美容成分をお肌に届けることが出来なくなってしまいます。

 

ですから、ここぞという時に飲む美容ドリンクは夜、眠る前に飲むことが鉄則です。

 

夜、眠る前に飲むと太るのでは?と心配される方がいらっしゃるかもしれませんが、最近の美容ドリンクはローカロリーで容量が少なめのモノが多く販売されていますから、カロリーについて心配し過ぎる必要はあまりありません。

処方のされ方と注意点について

2014/11/20

生理の前や生理中の様々な不調にお悩みの女性は多いようです。それはホルモンバランスの乱れが原因と言われています。

 

生理が来るのですからホルモンバランスが乱れるのは仕方ないと言えばそれまでなのですが、その乱れ具合が激しい場合、通常よりもつらい症状が出ることがあるのです。

 
そこでそんな不調を解消するために、婦人科などではピルを処方してもらうことになります。

 

ピルというと避妊用の低用量ピルを思い浮かべる人が多いのですが、実は元々ピルはこういった婦人科系の病気を治す目的で開発された薬なのです。

 

生理前や生理中の不調の解消のために処方となると、健康保険が使えそうですが、ここで一つ注意点があります。

 

ピルの種類です。

 
避妊薬として有名なのが低用量ピルなのですが、こちらを生理前や生理中の不快を解消のために処方してもらうとしても、基本的に健康保険が使えません。

 

そのため全額自己負担となり、薬代だけでも月3000円ほどはかかることになります。

 

治療目的ではずっと飲み続けることになるので、毎月3000円という金額でも負担という方もおられるかもしれません。

 

 

そんな時は中用量ピルなら健康保険が適用されることもあるので、担当医に相談してみるといいでしょう。

低用量ピルの良い点・悪い点

2014/11/20

ピルとは、経口避妊薬のことで、卵胞ホルモンのエストロゲン、黄体ホルモンのプロゲステロンで構成されており、エストロゲンの含有量を少なくし、副作用を抑えた低用量ピルが主流として使用されています。

 

 

低用量ピルは、毎日飲み忘れることなく服用を続けることで排卵が抑制され、ほぼ100%という高い確率で避妊できると言われています。

 

さらに、ピルを服用することで卵巣がホルモン分泌をしなくなるので、生理周期が正常化し、生理痛や月経前症候群の改善、美肌効果、子宮体がんや子宮内膜症などのリスクを低下させるというメリットがあります。

 

 

しかし、ピルにはメリットだけではなく、デメリットもあります。

 

ピルを飲み始めると、最初の2日から3日は、吐き気はむかつき、頭痛やむくみ、乳房の痛みなどの妊娠初期に似た症状が起こることがあります。

 

これは、体が慣れるまで一時的に起こるもので、次第に症状が無くなっていきます。

 

また、少量の不正出血が起こることもありますが、大抵は4日から5日でおさまり、長い場合でも、2サイクルから3サイクルほど飲み続けると症状はなくなるのが一般的です。

 

これらの症状が辛い場合は、ピルの種類を変えることで軽減できることがあるので、医師に相談してみると安心できるでしょう。

生理時期の悩みと低用量ピルの活用法

2014/11/20

女性には毎月生理という大切なものがありますが、女性の体にとっては欠かせない重要なものであるとは認識していても、その煩わしさから、なくなってしまえばいいのにと思うこともしばしばです。

生理には非常に個人差があり、周期も期間も経血量も、そして生理痛の度合いも全く違うもので、また同じ人でも年齢とともに変わってくるものです。

 

ブルーディとも呼ばれるこの生理時を、普段と全く変わらずに過ごせるという幸せな体質の女性もいれば、とにかく生理痛や経血量が多く、つらくて仕方がないという人も少なくはないようで、生理が重い方は日常生活にも支障をきたしてしまうことも珍しいことではありません。

 

このような体質の女性は、避妊薬として浸透しているピルの服用によって改善効果が期待できることがあり、婦人科などで処方してもらっている方もいらっしゃいます。

 

特に最近主流となっている低用量ピルは、副作用もひどくなく安心して摂取できると言われています。

 

低用量ピルを正確に服用すると、生理周期もほぼ100パーセント管理でき、なにより経血量が少なくなるので、つらい生理痛から解放されます。

 

またホルモンバランスが整うため美肌効果も期待でき、女性にとってはうれしい効果がたくさんあります。

ビタミンb6の役割

2014/11/20

ビタミンcはよく耳にしても、ビタミンb6なんて聞いたことがないという人が多いと思います。

 
ビタミンの中でもあまりなじみのない名前です。

 
白色からやや黄色で、水に溶けやすい性質を持っています。

 
主な役割としては、たんぱく質を分解してアミノ酸にする酵素と、アミノ酸を別のアミノ酸に組み替える酵素の働きを助けること。

 
これが不足してしまうと湿疹、脂漏性皮膚炎、貧血、聴覚異常、脳内異常、免疫力低下などを及ぼしてしまうのです。

 
水溶性とはいえ過剰の摂取にはリスクがあります。

 
サプリメントなどで長期間にわたって過剰摂取した場合、神経障害などの副作用が現れるといわれています。

 
ビタミンb6を簡単安全に取るなら食事が一番。

 
100gあたりの含有量は、びんながマグロで0.94㎎、黒マグロで0.85㎎、きはだマグロで0.64㎎です。

 
子どもの頃は、しらすと呼ばれるかたくちいわしは0.58㎎、サンマは0.51㎎含んでいます。

 
いずれも生で食べた場合の数値です。

 
たんぱく質の摂取が多い人ほど、必要量が増えるビタミンb6。

 
脂質の代謝もサポートしてくれ、肝臓に脂肪が溜まるのをセーブしてくれます。

 
お酒をよく飲む人は、脂肪肝を防ぐためにも積極的に食事に取り入れましょう。

 

マグネシウムの役割

2014/11/20

健康成分としては、あまり聞き慣れないのがマグネシウムですが、成人の場合、体内に25グラムあると言われています。

 
この役割は、体内で300種類以上に及ぶ酵素の働きを助ける効能があります。

 
また、骨や歯を構成するために不可欠な存在です。

 
骨の形成にはカルシウムが必要ですが、それを沈着作用させるのがこのマグネシウムの役割です。

 
他にも、カルシウムと同様に精神安定の作用も担っています。

 
そして、カルシウムとともに血圧を安定に保つ働きもしています。

 
しかし、最近ではこのマグネシウムの摂取が不足しているとデータが出ています。

 
そのために、この成分が多く含まれる食品を意識して食べることが大切です。

 
100グラム中、多くなるのが納豆です。

 
日本人の朝の食卓にある、昔ながらの納豆には、100gに対して100mg含まれています。

 
他には、ナッツ類の落花生には同じく200mgになり、干しひじきには620mgになります。

 
このように、身近の食材に意外と含まれています。

 
過剰な摂取をしても、少しお腹が緩くなるだけの副作用です。

 
ほとんどは、尿中に溶け出して余分なものは排出します。

 
不足分を、毎日の食事から意識をするだけで十分に摂ることは可能です。

ビタミンeの役割

2014/11/20

ビタミンeは美容効果や健康維持効果などの働きがある成分になります。

 

ホルモンの分泌に深くかかわっている成分になり、脳下垂体や副腎などのホルモンを分泌する器官にたくさん存在しています。

 

細胞膜の酸化を防いで安定させることでホルモンバランス整えている役割があります。

 

月経異常・生理不順・更年期症状などを軽減させる働きがあります。

 

血行を良くする働きがあるので、新陳代謝を促す効果があり血行不良による冷え性や肩こりなどを改善させる効果があります。

 

新陳代謝がよくなると老廃物が排出されていき肌のターンオーバーも促す働きがあります。

 

メラニン色素のターンバックを促進させる働きもあるので、シミやそばかすにも効果があります。

 

ビタミンeは非常に強い抗酸化作用があります。紫外線を浴びると肌の奥に活性酸素といわれる物質が発生します。

 

この物質はコラーゲンを破壊し、酵素を作り出すのでしみやしわ・たるみの原因になります。

 

この活性酸素を除去する働きがあるので、活性酸素の悪影響から肌を守ってくれる作用があります。

 

油分に溶ける性質があるので、体内に吸収された後に皮脂として分泌するので、肌をバリアする働きがあり外部刺激から肌を守ります。

 

ビタミンeは、ナッツ類や鰻・タラコに多く含まれています。

イソフラボンの役割

2014/11/20

納豆や豆腐といった大豆製品に多く含まれている「イソフラボン」は、女性ホルモンと似た働きをもっている成分なため、ホルモンバランスを整える効果があります。

 

 

生理前や生理中は女性ホルモンのバランスは乱れやすく、そのことによりPMS(月経前症候群)や生理痛が起こりやすくなってしまいます。それだけでなく、女性ホルモンが乱れることにおり更年期障害にも影響を与えてしまうものです。

 

 

これらを予防するには、イソフラボンを積極的に摂取することが大切になってきます。納豆や豆腐、きなこ、豆乳などといった大豆製品を毎日摂取できるように心がけると良いでしょう。納豆などが苦手な場合や食事として摂取しにくい場合はサプリメントであれば、気軽に摂取することができるため便利です。

 

 

イソフラボンは生理痛緩和に効果があるだけでなく、美肌へと導く役割もあるため、ホルモンバランスが崩れやすい時期でも皮膚の分泌量を抑えニキビができにくくなったり、しわやシミといった肌トラブルの改善にも効果があります。また血中コレステロール値や中性脂肪値を下げる効果や女性ホルモンが高まることで骨の再生・修復効果へも期待ができるため骨粗鬆症を予防したり、男性ホルモンを抑えることが出来るので薄毛予防にもつなげることができるでしょう。

 

 

大豆製品を上手に摂取して、女性ホルモンを増やし健康と美容効果を高めましょう。

ホルモンバランスの乱れ

2014/10/21

最近女性の肌悩みの上位に挙げられるものとして、大人ニキビが増加しているようですが、大人になってからできるニキビは、思春期のお肌にできるものとは根本的な原因も違うので、同じようなお手入れをしていては、余計に悪化させてしまうこともあるようです。

 

大人ニキビができる原因としては、食生活や睡眠、腸内環境などの生活習慣や、紫外線や乾燥などの外的環境、毎月の生理やストレスなどによるホルモンバランスの乱れなど様々ですが、これらが複雑に絡み合っていることも多く、繰り返し同じところにできたり、なかなか治らないといった特徴があるようです。

 

ホルモンバランスを崩すと、男性ホルモンが過剰に分泌されるようになってしまい、皮脂が出やすく毛穴が詰まりやすくなってしまうので、ニキビのできやすい肌環境となってしまいます。また、ティーンエージャー向けのアクネケアは、油分を取りすぎてしまうので、お肌の水分と油分のバランスがうまく整わなくなり、お肌は潤い不足だと勘違いし、どんどんと油分を製造させてしまい、結果的にニキビを悪化させてしまいます。

 

 

こういう場合は、保湿ケアをしっかりと行ってあげることが大切で、大人ニキビ専用のスキンケアでお手入れをしてあげましょう。