イソフラボンの役割

納豆や豆腐といった大豆製品に多く含まれている「イソフラボン」は、女性ホルモンと似た働きをもっている成分なため、ホルモンバランスを整える効果があります。

 

 

生理前や生理中は女性ホルモンのバランスは乱れやすく、そのことによりPMS(月経前症候群)や生理痛が起こりやすくなってしまいます。それだけでなく、女性ホルモンが乱れることにおり更年期障害にも影響を与えてしまうものです。

 

 

これらを予防するには、イソフラボンを積極的に摂取することが大切になってきます。納豆や豆腐、きなこ、豆乳などといった大豆製品を毎日摂取できるように心がけると良いでしょう。納豆などが苦手な場合や食事として摂取しにくい場合はサプリメントであれば、気軽に摂取することができるため便利です。

 

 

イソフラボンは生理痛緩和に効果があるだけでなく、美肌へと導く役割もあるため、ホルモンバランスが崩れやすい時期でも皮膚の分泌量を抑えニキビができにくくなったり、しわやシミといった肌トラブルの改善にも効果があります。また血中コレステロール値や中性脂肪値を下げる効果や女性ホルモンが高まることで骨の再生・修復効果へも期待ができるため骨粗鬆症を予防したり、男性ホルモンを抑えることが出来るので薄毛予防にもつなげることができるでしょう。

 

 

大豆製品を上手に摂取して、女性ホルモンを増やし健康と美容効果を高めましょう。

コメントは受け付けていません。