処方のされ方と注意点について

生理の前や生理中の様々な不調にお悩みの女性は多いようです。それはホルモンバランスの乱れが原因と言われています。

 

生理が来るのですからホルモンバランスが乱れるのは仕方ないと言えばそれまでなのですが、その乱れ具合が激しい場合、通常よりもつらい症状が出ることがあるのです。

 
そこでそんな不調を解消するために、婦人科などではピルを処方してもらうことになります。

 

ピルというと避妊用の低用量ピルを思い浮かべる人が多いのですが、実は元々ピルはこういった婦人科系の病気を治す目的で開発された薬なのです。

 

生理前や生理中の不調の解消のために処方となると、健康保険が使えそうですが、ここで一つ注意点があります。

 

ピルの種類です。

 
避妊薬として有名なのが低用量ピルなのですが、こちらを生理前や生理中の不快を解消のために処方してもらうとしても、基本的に健康保険が使えません。

 

そのため全額自己負担となり、薬代だけでも月3000円ほどはかかることになります。

 

治療目的ではずっと飲み続けることになるので、毎月3000円という金額でも負担という方もおられるかもしれません。

 

 

そんな時は中用量ピルなら健康保険が適用されることもあるので、担当医に相談してみるといいでしょう。

コメントは受け付けていません。