ビタミンeの役割

ビタミンeは美容効果や健康維持効果などの働きがある成分になります。

 

ホルモンの分泌に深くかかわっている成分になり、脳下垂体や副腎などのホルモンを分泌する器官にたくさん存在しています。

 

細胞膜の酸化を防いで安定させることでホルモンバランス整えている役割があります。

 

月経異常・生理不順・更年期症状などを軽減させる働きがあります。

 

血行を良くする働きがあるので、新陳代謝を促す効果があり血行不良による冷え性や肩こりなどを改善させる効果があります。

 

新陳代謝がよくなると老廃物が排出されていき肌のターンオーバーも促す働きがあります。

 

メラニン色素のターンバックを促進させる働きもあるので、シミやそばかすにも効果があります。

 

ビタミンeは非常に強い抗酸化作用があります。紫外線を浴びると肌の奥に活性酸素といわれる物質が発生します。

 

この物質はコラーゲンを破壊し、酵素を作り出すのでしみやしわ・たるみの原因になります。

 

この活性酸素を除去する働きがあるので、活性酸素の悪影響から肌を守ってくれる作用があります。

 

油分に溶ける性質があるので、体内に吸収された後に皮脂として分泌するので、肌をバリアする働きがあり外部刺激から肌を守ります。

 

ビタミンeは、ナッツ類や鰻・タラコに多く含まれています。

コメントは受け付けていません。